国保連中央介護伝送ソフトで業務の負担を減らそう

微笑む男性

充実したサポート

微笑む女性

国内では介護保険制度が整えられているため、入居者は1割程の料金を負担するだけで十分です。残りの9割は介護保険や公費などから支払われているのですが、介護施設では国保連に対して9割の介護保険費用を請求するという業務があります。請求業務では給付データの提出をするものです。しかし、データの提出方法は紙媒体や磁気ディスクなどを使うというもので、非常に手間がかかってしまいます。また、提出の際に誤って紛失してしまったら入居者の大切な情報が外部に漏れてしまう危険性もあるため、今は国保連中央介護伝送ソフトを使って請求業務を行なっています。国保連中央介護伝送ソフトは初期費用や月額の使用料などが発生しないため、多くの介護施設で導入され始めています。

国保連中央介護伝送ソフトを導入して施設で使用するためには、事前に専用のソフトを購入します。費用はおよそ50,000円程で、インストール用のCDを使って使用できる環境を整えていきます。また、セキュリティ管理を充実させるためにユーザー専用のIDやパスワードが与えられ、通信の認証をしながら安全性を高めています。そのため、与えられたIDとパスワードは厳重に管理をしなければいけません。また、国保連中央介護伝送ソフトには専用のサポートセンターがあるため、万が一操作でわからないことがあればすぐに質問できます。操作方法だけではなくインストールのやり方も快く教えてくれるので、パソコンが苦手な人でも問題なく国保連中央介護伝送ソフトを導入することができるでしょう。