国保連中央介護伝送ソフトで業務の負担を減らそう

微笑む男性

業務の負担を軽減させる

パソコン

高齢者の数が子供より多くなっている昨今、介護施設の需要は増え続けるばかりで、スタッフの負担も徐々に大きくなっています。介護施設では常に看護師や介護福祉士が入居者の面倒を見ているのですが、その他にも介護費の請求や書類作成など業務内容は多岐に渡ります。特に介護業界は慢性的に人で不足と言われているので、少ない人員のなかで多忙な業務をこなすことは非常に困難です。そのため、最近は介護システムを導入して業務の効率化を図る施設が多くなっています。介護システムは、難しい請求処理を円滑に進めたり、業務の計画表の管理などを一元管理することができるので、施設のスタッフ同士の情報共有がスムーズになります。また、介護システムでは介護請求ができるサービスも提供しているため、磁気ディスクや紙媒体での面倒な手続きをする必要がなくなります。

介護システムを導入すると、仕事の効率化が図れるだけではなくスタッフ同士の関係性も良くなります。今までのように仕事に余裕のない状況が続くと自然とスタッフ同士の空気が悪くなってしまい、入居者への態度にも悪影響を及ぼしてしまいます。ところが介護システムの導入で業務がスムーズになるとミスが減って情報共有が楽になるので、スタッフに余裕が生まれてサービスの質も向上します。さらに、介護システムで情報管理や請求業務の負担が減ると無駄な人件費を捻出する必要もなくなるので、介護施設の利益も今以上に高くなり、働きやすい職場へと変えることができます。