国保連中央介護伝送ソフトで業務の負担を減らそう

夫妻

業務の負担を軽減させる

パソコン

常に人員不足と言われている介護業界の救世主が介護システムです。情報の一元管理が出来て、さらに請求業務をスムーズにするなどの機能が搭載されているので施設スタッフへの負担を大きく減らすことができます。

もっと読む

施設選びをしよう

手

大阪にある老人ホームでは、24時間体制で看護師が入居者の体を診てくれるなどのサービスを行なっています。施設選びをするときはネットを活用するべきですが、入居前に施設見学などをすると良いでしょう。

もっと読む

伝送ソフトの選び方

PCを操作する女性

国保連中央介護伝送ソフトに代表される介護システムは、老人ホームや訪問サービスなどで重宝されています。誰でもすぐに使える優れた操作性や充実したセキュリティ対策が話題を呼び、今では介護施設のほとんどが導入を完了させています。実は、介護システムは国保連中央介護伝送ソフトだけではなく、民間の企業が提供している製品もあります。民間のソフトと国保連中央介護伝送ソフトの大きな違いは、インストールする必要があるかという点です。基本的に国保連中央介護伝送ソフトは専用のソフトを事前に購入しておき、同封されているCDを使って環境を整えていきます。しかし、民間のソフトはネット回線を使うのでわざわざ専用ソフトを購入しなくても良いのです。また、国保連中央介護伝送ソフトが電子証明書の発行手数料がかかるのに対し、民間のソフトは余計な費用が発生しません。

介護施設で使える伝送ソフトは多様な種類がありますが、選ぶ際は3つのポイントを抑えておきましょう。まず1つが導入後すぐに使えるかという点です。パッケージ型は使えるようになるまで時間がかかりますが、ASP型ならネット環境が整っていれば簡単に使えるようになります。次にコストパフォーマンスの高さです。ソフト購入が必要なタイプだと思わぬ費用がかさむ恐れがありますが、ネットに対応しているタイプなら1,000円未満の月額の使用料だけしか費用が発生しないのでコスト削減に繋がります。最後にチェックするべき点がセキュリティ性です。伝送ソフトでデータ提出をする際は多くの入居者の個人情報を扱うので、登録審査を受けている安全性の高いソフトを使いましょう。

充実したサポート

微笑む女性

国保連中央介護伝送ソフトを使えば介護保険の費用請求がスムーズになります。導入の際は専用のソフトを購入する必要がありますが、サポートセンターがあるので初めての人でも簡単に導入作業が完了します。

もっと読む